新しいモノやコト、話題のアイテムなどをレポート

トレンド通信

ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!ヘッダーエリア下です!

結婚式

投稿日:

最近では結婚をしない若者が増えているようです。そして結婚をしても結婚式を挙げない「ナシ婚」というのも増えているようです。

まぁ昔と違って、同棲や「できちゃった婚」が普通のご時世なので、わざわざ結婚式を挙げなくてもいいという人が増えたのも原因のようですね。でもその一方でやっぱり一生に一度のことなので、結婚式は挙げておきたいという人もいます。

女性の場合は、やはりウエディングドレスや着物を着たいとかいう思いがあったり、一度は主役になりたい、友達を呼んでお祝いしてもらいたいと思う人もいるでしょう。

結婚式を挙げる理由

そもそも何で結婚式を挙げるのか、誰のために挙げるのでしょうか。人それぞれ考えはあると思いますが、現在ではやはり結婚する二人のために挙げるのが結婚式ではないでしょうか。

二人が最高に輝く瞬間をご両親や親せき、友人たちに見てもらいたいと同時に、二人で新しい人生を歩んで行くという決意を表明する場でもあります。

もちろんご親せきに出席してもらうことで家族同士のつながりを深めることができます。二人以上に結婚式を重要に思っているのは、ご家族かも知れません。

そして友人や知人には、これから一緒に人生を歩くパートナーのお披露目の機会もかねています。

このように結婚式はそれぞれの人たちにとって大切な役割を果たす大切な重要な儀式のひとつなんです。

結婚式で重要なテーマ

現在の結婚式には神様の前で誓う結婚式だけでなく、さまざまな結婚式があります。

しかし重要なのは、どんな形式で結婚式を行うかだけでなく、自分たちがどういった目的で結婚式を挙げたいのかをイメージすることだと思います。

二人の絆を神様の前で誓うことに重点を置く、家族、親族に安心してもらうため、友人や会社の同僚たちに祝福してもらう場にした、など、結婚式のテーマが大切です。

ただ単に豪華な結婚式場で挙げたいからとか、きれいなウエディングドレスを着たいからというだけの理由で結婚式を挙げるより、二人からのメッセージが伝わる結婚式の方が祝福されて、いつまでも記憶に残る結婚式になると思います。

もちろん結婚式には予算や日時、場所などもきちんと考えておかないといけません。

一緒に一度の二人の大切な思い出になるよう、二人でじっくりと時間をとって考えることが必要です。

-マメ知識

Copyright© トレンド通信 , 2018 All Rights Reserved.